データ復旧サービス納品までの流れ|迅速で丁寧な対応

様々な場面に柔軟対応

ハードディスク

パソコン周辺機器を製造して30年以上の実績を持つメーカーではパソコンのデータ復旧サービスも提供しています。このようなメーカーに依頼をすれば、消えてしまった重要社内データを復旧できる可能性があるのです。

読んでみよう

事前調査のメリット

社員

業務で使用するパソコンに不具合が発生した際に頼りになるのが外部のデータ復旧サービスです。このサービスを利用する際はまず、問い合わせと申し込みからスタートしていきます。受付窓口はフリーダイヤルとwebフォームの2つが用意されており、受付時間は24時までとなっているので提示時間外でも利用可能です。電話では大まかな不具合の内容についてオペレーターがヒアリングを実施するので、説明できる部分を事前にまとめておくと良いでしょう。webからの申し込みでは専用の書式が準備されているのでそちらに内容を書き込むだけとなっています。緊急性を要するデータ復旧依頼は電話で申し込むのが最適です。申し込みが完了した後は初期調査を実施するために復旧業者のセキュリティルームへと対象製品を持ち込んでいきます。
調査は最短6時間で完了するので非常にスピーディとなっているのです。また、復旧作業に着手する前はクライアントに復旧可能なデータ拡張子付きの一覧で提示するので必要なファイルのみを対象指定できます。ファイルの選択が完了し、見積金額に納得がいけば作業はスタートしていきます。この時点で復旧に必要な料金を前払いする必要があるので、企業の担当者はしっかりと予算を確保しておきましょう。作業完了後は入念なセキュリティチェックを実施したあとに、データの納品を行ないます。発送と同時に配達状況を確認できる伝票番号を発行するので随時確認が可能です。移送時のトラブルにも対処できるように、5日間はデータを復旧業者側でも保存する規約になっているので安心です。

信頼性の高いサービス

従業員

仕事の中でパソコンを活用するという企業は多く存在します。パソコンの台数が増えてくると管理するのも大変になるでしょう。不具合が発生した場合は無理に社内解決を試みるのではなくデータ復旧サービスを頼るのが効果的です。

読んでみよう

不具合発生時の誤った対処

PC

データ復旧に関する知識が不十分な場合、不具合を引き起こした業務パソコンに対して誤った対処を行なってしまう可能性もあります。そのような事態を回避するためにも社内でしっかりと対応マニュアルを整備しておきましょう。

読んでみよう