不具合発生時の誤った対処|データ復旧サービス納品までの流れ|迅速で丁寧な対応

データ復旧サービス納品までの流れ|迅速で丁寧な対応

不具合発生時の誤った対処

PC

仕事中にパソコンの電源が急に落ちてしまったり、電源が入らなくなってしまったりすると多くの人は焦ってしまい正常な判断ができなくなってしまいます。少しでも早く業務を再開させるために社内で解決しようとする場合も多いでしょう。無事、復旧できれば問題無いですが対処方法によって更に状態を悪化させる危険性もあるので注意が必要です。そのような対処法を繰り返すとデータ復旧ができない状態へと悪化することも多いので、社内教育などを実施してリスクを回避するように努めましょう。よくあるパターンが不具合を発生させたパソコンを何度も再起動するという対処です。仕事で使うパソコンに何度も通電処理を行なうと、負荷がかかってしまい別の障害を引き起こすことがあります。
対処方法が不明な場合はシャットダウン処理を行ない、現状維持をするのが最適なのです。また、フリーでダウンロードすることができるデータ復旧ソフトを長時間使用するのも禁物です。便利なソフトとはいえ、フリーだと対応できる範囲に限界が存在するので大量の社内データ存在する場合は利用しないのが無難だといえます。不具合を引き起こしたパソコンに新しくソフトウェアをインストールするのも割けたほうが良いです。正常なアクセスができないハードディスクを上書き保存してしまうと、データ復旧ができなくなるリスクが大きくなるからです。オペレーションシステムのリカバリ機能を使うという手段もありますが、この方法はパソコンが出荷状態に戻ってしまうのでこちらも注意が必要です。